CASE6 がん血統かもしれないと考えられた方


岸久子さん(山形県在住 1996年当時48歳)の場合

 「1996年の1月から不正出血が続きまして、病院に行ったのは8月になってからのことでした。翌月に細胞検査の結果が出て、子宮がんと分かり、手術を勧め られたのです。

告知された時、これといって動揺はしませんでした。というのも血縁者にがんの人が多くいましてね。その皆が手術後、元気で暮らしているのを見てたからでしょう。子宮を失うにしても、悪いところを取ってしまえば大丈夫という気持ちでいたんです。性格はもともと楽天的で、くよくよしないタイプといえるかもしれません。

 

それでも手術に際して一つだけ条件がありました。この時、季節は実りの秋の真っ只中。私にとっては職場を離れることのできない季節でもありました。田んぼを持っているスタッフが稲刈りで休みを取るため、人手不足になるのです。『稲刈りの終わる 10月半ばに手術を延ばしてほしい』とお願いしました。

手術まで1か月余りの時間ができた時、日本冬虫夏草を譲ってくれた知人がいました。普段、ジュースやお茶などをほとんど口にしないのですが、日本冬虫夏草だけはスンナリ飲め、1か月の間、毎日たっぷりいただきました。

 

 発病までの3年間を振り返ると、ずいぶん体に無理をかけていたようです。父の介護に始まり、母、姑の介護と次々続きました。二人の母を同時に看ていたときもあります。仕事を続けながらでしたので、睡眠時間は毎日4~5時間程度。ようやく解放されたという時、たまった疲れがこういう形で現れたのでしょう。がん血統というのも思いあたりました。

 10月26日にいよいよ入院。10月28日に前段階の簡単な手術を行いました。子宮以外にどこまで摘出するか判断するため、局所麻酔をかけて患部をはがして調べるのです。

がん細胞消失。手術取り止め

 11月5日、その結果が出てきました。先生は『がん細胞がどこにも見当たらないんだよね』と不思議がっていました。そして『岸さん、帰っていいよ』と言われてしまったのです。それならばと、さっさと退院させてもらいました。薬は一切飲んでないし、治療も一切やってこなかったですからね。退院する際も、薬の処方はありませんでし た。

1996年1月
不正出血有り
8月
ようやく病院に行く。子宮がんの診断。日本冬虫夏草を飲み始める。
10月26日
入院。
28日
組織検査。
11月5日
がん細胞がどこにも見当たらず消失。

今度は夫ががんに

 平常の生活に戻って1か月半が過ぎ、やれやれといった頃、今度は主人が町の検診でひっかかり、左肺に影が見つかりました。細胞を取って調べると、腺がんで悪性ということが分かりました。2.5cmの大きさでした。主人はお酒をたくさん飲みましたし、タバコを1日に3箱も吸う30年来のヘビースモーカーでしたが、翌日からタバコもお酒もピタリと止め、日本冬虫夏草を飲み始めて、患部近くに擦り込んだり、吸入器で吸入したりもしてました。

 

 仕事をしながらできる限りのことをして過ごすうち、患部は次第に小さくなってい ったようです。 3 か 月 が 過 ぎ た 頃 に は  2.5 ㎝ か ら 1 ㎝ ま で に 縮 小していました。1 cmになったところで、患部の摘出手術を行いました。左胸の3か所に小さな穴を開けて内視鏡を使って患部を切り取るもので、従来の手術と比べると、体の負担が極めて少ない方法です。

もはやがんではなくなっていた

 切り取られた患部を見せてもらうと、白っぽくカッテージチーズのようでもあり、石灰化していました。痕跡は残っていたものの姿が変わり、もはや『がんではない』と言われたのです。主人も病院の治療は一切やっていませんでした。

【ご主人の経緯】
1996年12月
ご主人が肺がんと診断され、日本冬虫夏草を飲み始める。タバコとお酒をピタリと止める。
1997年3月
患部が2.5cmから1cmに縮小している。内視鏡手術。患部は石灰化していて「がんではなくなっている」と言われる。

 がんが消失してから二人とも再発無く元気に暮らしています。私が7年目、主人が6年目に入りました。私が気を付けてる事といえば、食事は常に腹7、8分目に抑えるということでしょうか。

 

仕事を終えた後、夜中までやっていた趣味を最近は控えて、睡眠時間は6時間以上取っています。以前と比べると体をずいぶん労わっていますね。時には仕事から離れて旅行に出掛け、リフレッシュすることも大事にしている事のひとつです」

 

朝日ウィル(北燈社)2003年2月18日号より

 

 「再発なく元気で、13年目に入りました。主人は12年目です。この度、主人が肺炎で入院しまして、実は昨日退院してきたばかりなんです。仕事で頑張りすぎたからだと思います。その病院に同じ症状で入院している方が2人、あっという間に次々に亡くなられてこわくなりました。入院すると同時に日本冬虫夏草を毎日飲むようにしました」ご主人にお会いしましたが、顔色も良く元気そうなので安心しました。

 

2008年3月8日お二人にお会いして

 

 「この冬、風邪から肺炎になりました。CT検査したら両肺真っ白で、最終的にはカリニ肺炎という診断でした。入院してすぐに日本冬虫夏草を飲みました。毎日600ccは飲んだと思います。大学病院には私と似たような患者さんがいっぱいいましてね。妻からも聞いていると思いますが、入院中に同じ病気で亡くなった方が2人いたのです。肺炎は油断できません。今は仕事に復帰して元気でおります」

 

 2008年8月30日ご主人のお話より

膀胱がんで手術

 「2018年4月26日、膀胱がんの手術を受けました。それは患部だけの摘出で済む簡単なものでしたから、4月30日には退院し、5月6日には職場復帰、その後は何もなかったかのように元気で働いています。(金山町でレストラン・一番纏をご夫婦で経営されています)

一つ一つに心も体も満たされる『一番纏』のお料理
一つ一つに心も体も満たされる『一番纏』のお料理

 振り返ると、昨年の12月に下腹部のあたりが重苦しい感じがありました。婦人系だろうと思って検査をしましたが、異常はありませんでした。3月に血尿がみられたので改めて病院に行き、膀胱がんの診断を受けたのです。

 

1996年の子宮がんの消失から、検査のため、大学病院に10年間通いました。いつも異常なしでした。子宮がんの再発とは無縁で20年余りが過ぎていました。

 

夫が体調を崩し、看病が続き、その過労が原因だったのかなと思います。日本冬虫夏草も意識して飲んでいます。不思議と今年から夫の体調も普通に戻りました。

久子さんがミシンだけを用いて作ったかわいい女の子2018
久子さんがミシンだけを用いて作ったかわいい女の子2018

趣味の裁縫は楽しくて止めることはできませんね。私にとって気分転換になるかけがえのない時間です。

 

この頃は編みぐるみにも凝っており、様々な動物にトライ中です。また、旅行でリフレッシュすることも忘れていません。仕事から離れて過す時間を大事にしています」

 

2018年9月21日久子さんのお話より

再発無くきれい

 「2月8日に膀胱の検査がありました。とてもきれいな状態で異常無しでした。昨年来、疲れ易くなったという感じはありますが、仕事と趣味、変わらず楽しんでやっています」

 

2019年2月18日久子さんのお話より

 

 「12月の検査も2月28日の検査も異常なしで、元気に過ごしております。この頃は、古布(ふるぎれ)をアレンジしたバック作りにチャレンジしています」

 

2020年3月4日久子さんのお話より

←手作りトートバック2020

 

藍染の古布に、みどりの裏地、取っ手は皮と洒落ている。A4サイズの書類が入る使い勝手の良さ。お店では手に入らない久子さんオリジイナルデザイン。


「このところとても体調が良いのです。朝、4時半には目覚めてしまいます。みんなの手を借りながら元気に除雪もしています。趣味のソーイングも続けています。布バック3点セットをお届けしました」

 

2021年2月26日久子さんのお話より

手作り3点バック2021冬 お花とキジの洒落た柄です。 岸さんの手は魔法の手です。
手作り3点バック2021冬 お花とキジの洒落た柄です。 岸さんの手は魔法の手です。
手作りバック2021夏 しぼりの柄が涼しげです。 ダリアの花柄もかわいい。
手作りバック2021夏 しぼりの柄が涼しげです。 ダリアの花柄もかわいい。

 「夏バテすることもなく、元気に仕事をしております。また、趣味のソーイングも楽しんでます。新作をお届けしました」

 

2021年8月4日のお話より

 「新型コロナウイルス感染者の減少、緊急事態宣言の解除があってからでしょうか。お客様が戻ってきて、このところとても忙しく働いています。周囲も私の体を気遣い、『朝起きるのがしんどくないのか?』などと聞いてきますが、辛いことが全く無くなって、風邪一つひきません。ビックリされます」

 

2021年12月1日久子さんのお話より

 

 

 「今、3回目の新型コロナワクチンの接種を終えてきたところです。2回目までは体調の変化が何もありませんでした。

 

 3年前の疲れ易かった体質が激変してから、その後も体力の衰えを感じることがなく、四時半ごろ起床しても平気で除雪に仕事にと励んでいます。そのパワーを目の当たりにした(笑)周囲の人たちからは『どっかおかしいんじゃないの~?』と気味悪がられています(笑)。

 

2月4日の病院の膀胱検査では『綺麗な状態が続いています』と言われ、検査のほうも6か月に一度に減りました。

 

 それからね、思議なことがありました。眉の上にできものが出来て、『加齢のためかな』と諦めていたところ、そこに日本冬虫夏草を飲むたびに指先でピタピタと塗っていたところ、1か月したら消えてしまったのです。

 

また手の中指の関節にタコといったらいいのか固いものがあって乾燥すると割れて痛かったのですが、これもいつの間にか消えていたのです。こちらには塗布はしていません。ご報告しなくてはと思っていました」

 

2022年2月12日のお話より

 

山内正徳さんとご家族の場合

 山内正徳さん(1998年当時 仙台ホテル・チャイニーズレストラン梅華園料理長)よりお話をうかがいました。(以下、山内氏談)

 

 「身内の中から次々とがんになる人が出始めたのは、1995年頃からでした。最初は母親。S字結腸がんでした。次に妹で子宮がん。それから父の尿道・膀胱がんと続きました。私は、何かしてあげれることはないかと思い、当時東北大学で生薬の研究をしておられた近藤嘉和先生のもとを訪ねました。

 

すると、日本冬虫夏草の話をしてくださいました。日本冬虫夏草の研究は、まだ誰もやっていない分野で、先生はその先駆者でした。

半分の時間で退院

 私は、腫瘍の臓器圧迫や排泄障害を解消するための手術はやむを得ないと思っていましたが、抗がん剤に対しては賛同できませんでした。それで主治医に掛け合って、家族には抗がん剤を使わないという約束を取り付けたのです。

 

手術の前から日本冬虫夏草を飲んでもらって、3人に共通したことは、『普通の人の約半分の時間で退院できるもんだな』ということでした。

 

なにしろ術後の感染症に悩まされることもなく、手術の傷も早くきれいに塞がりましたからね。すっかり健康を取り戻し、再発もなく、母は今年で7年。妹と父は5年目を迎えています。日本冬虫夏草は続けていますが、風邪を引くこともなくなって、がんになる前より元気になったようです。皆、私よりずっと元気じゃないですか?(笑)。母や妹は少し太りました。

料理人仲間の家族に心臓膜腫瘍と胆のうポリープ

 それから時期を同じくして、料理人仲間の奥さんが、心臓膜に良性の腫瘍が見つかったとの知らせが入りました。自覚症状が全く無く、気付かないでいたそうですが、実はそれは子どもの頃からあって、加齢とともに大きくなる性質のものらしいです。その時点で子どもの握り拳の大きさにまで成長し、心臓を圧迫し始めていました。

 

たまたま風邪をひいて、胸のレントゲン撮影をしたため発見されたのだそうです。摘出手術の後から私のすすめで日本冬虫夏草を飲んでもらいました。

 

この話には後日談があります。退院の際に検査をしたら、今度は胆のうにポリープが見つかったそうです。でもそのままにして日本冬虫夏草を続け、1年後に調べたら小さくなっちゃってて、主治医から『もう心配はないよ』と言われたというのです。手術から今年で6年目。50歳を迎えられましたがなお元気で、第一線でバリバリと仕事をされています。やはり風邪をひくこともなくなったそうです。

腎臓結石との付き合い

 一方、その頃の私はというと40歳を越えたぐらいで、持病の腎臓結石の症状が出始めていました。結石のために2度の入退院を経験していますが、この痛みはなった人にしか分からない。とにかく頻繁にやってくるこの痛みに、自分のことも何とかしなくてはいけないなと思い始めていました」

 

 腎尿管結石の原因は血液の汚れといわれています。この病気でいちばんの問題は激しい痛みです。シュウ酸カルシウム、リン酸カルシウム、マグネシウムアンモニウムリン酸塩、尿酸、シスチンなどが腎で結晶化し、大きいものだと尿管にひっかかり激しい痛みにおそわれるのです。山内さんは、このために何度か病院に運ばれたことがあるといいます。(以下、山内氏談)

 

 「初めの発作は1997年のことで、明け方、目が覚めました。普通 、痛みって弱くなったり強くなったり、波がありますでしょ。でもこれは、どんどん一方的に増していくだけ。いつか治まるだろうなんて余裕はないの。

 

脂汗が出て、うなって、救急車を呼ぼうと思ったけど、マンションに住んでいることもあって、静かにタクシーを呼び、病院まで運んでもらいました。この時は薬剤投与ですぐに石は落ちたんです。

腎臓結石、ストーンと落ちる

 2度目の発作はそれから1年後のことでした。入院して同様の治療を受けて。でも今度は2週間しても石は落ちてこない。そこで最終的に衝撃波を当てて石を砕いて落としたんです。この病気で入院してる人の中には銀行員もいましたし、結婚式を間近に控えた若い女性もいて様々でした。『どんな人でもなる病気なんだなぁ』と思いました。

 

発作の度に入院していては仕事にならないし、何か打つ手はないかと考えました。日本に生息する冬虫夏草は500種類以上といわれています。両親と妹が飲んでいる日本冬虫夏草の種類ではなく、別の種類を試すことにしたんです。毎日170ccぐらい飲みました。

 

ある時、腰痛があって『あっ石が動き出したな』と分かりました。10日ぐらいしてから、飲む量を倍以上に増やして集中的に飲むと、3日目に赤い血が出てきました。もう少しだなと思ってコップ2杯の水を飲んでその時を待ちました。

 

いよいよとなり、トイレに行くと、米粒大の四角の角張った石がポロリところがり出たんです。見ると以前、病院の治療で排石されたものより大きいじゃないですか。それなのにあの耐え難い激痛は一切無く、普段どおり仕事をしていたわけですから、『こんな不思議なこともあるもんだ』と狐につままれたようでした。

 

そして昨年。再び米粒よりやや小さい石が同じように自然排石されました。それだったらと結石で悩んでいる前出の料理人仲間に、同様のものを勧めてみました。すると、やはり目立った痛みが無く自然排石されて。いつも病院に行くしかなかったのにこんなことは初めてだと驚いていました。

 

 日常的に誰でも小さな結晶は気づかないうちに自然排泄されているものですが、大きな結晶にまで成長させてしまう人がいます。私にとってこういう結晶は1年に1回のペースで動き出し、落ちてくるようです。母のがんに始まり、妹、父のがん。そして私の結石と続きましたが、皆無事に元気に過ごしています。これからも日本冬虫夏草等と付き合っていくつもりでいます」

 

朝日ウィル(北燈社)2001年4月10日号より

 

 仙台ホテルで「山内料理長の究極爆蒸美食」会が催されました。山内さんの本格中国料理の技の数々に感動しました。

 

その中に「山海珍味壺蒸」というスープがありました。冬虫夏草、鹿の角、朝鮮人参、フカヒレ、乾し貝柱、あわび、なまこ等が入っていて美味で絶品。おかわりを何杯もしました。その晩は眠らなくても平気なほど元気で、朝まで仕事をしていたくらいです。

その元気は24時間保ちました。24時間目にプツリと切れたのがわかりました。

 

 日韓ワールドカップでは、韓国チームが最後の最後まで体力が落ちることなくねばりを出して勝ち進んでいます。

 

選手達は毎日冬虫夏草と朝鮮人参を食べていると聞きました。やっぱりと思いました。日本チームにこのスープを飲ませてあげたいという思いにかられました。

2002年6月24日。「山内料理長の究極爆蒸美食」会に参加して

 

父の晩年について

 「2008年のこと。母は手術から13年、妹と父は11年、再発なく元気に過ごし、克服し、がんとは縁が切れたと思っていたころ、父の腎臓にがんが見つかり、片腎を摘出する手術を受けました。

 

それより3年前、2005年から心臓にステントを4本入れる手術をし、心筋梗塞の薬を服用し続けていました。

 

そして、2010年に尿道にがんが見つかった時、『今度も悪いところを手術で取って長生きしてもらいたい』と私は思っていました。しかし、当の本人は『手術はもう結構』と拒んだのです。

 

振り返れば、病院嫌い・医者嫌い・検査嫌い・薬嫌いの父が『よくここまで頑張ってきたもんだ』とつくづく思いました。『自分の人生の幕引きは、自分で決めて思った通りにやる』という父の希望をかなえようと思いました。尊厳を第一に考えようと思ったのです。

 

家を建て替え、晩年を新しい快適な住まいで過ごさせることができました。父は、痛みが出るようになると麻薬系の鎮痛剤の使用を選択し、安らかに84年の生涯を閉じました。

その後の皆の様子

 一方、母はがんの手術から25年、妹は23年、再発なく元気に過ごしています。母は90歳になりました。食が細くなったための栄養補給と腰痛予防を兼ねる、私が考案した特別なゼリーと羊羹を毎日食べています。

 

ゼリーのレシピは、『ノンシュガーの甘酒・日本冬虫夏草・コンドロイチン末・グルコサミン末・朝鮮人参・ゼラチン』です。

 

また、アレンジに『コンドロイチン・グルコサミン・かぼちゃ・さつまいも』もあります。

 

羊羹のレシピは、『かぼちゃ・ココナッツミルク・ゼラチン』です。いずれも冷凍保存したものを解凍して食べます。 腎結石の発作を繰り返していた私と料理人仲間は、結石で病院にかかることはなくなりました。彼の奥さんも元気にしています」

 

2020年10月17日のお話より

 「ひとまず、新型コロナウイルスのワクチン接種も終了し、母も妹も私も皆元気で過ごしております」

 

2021年8月7日のお話より

 

 「夏ごろに左手指の関節に痛みがありました。切ってほしいと願うぐらいの痛みでした。『リウマチかなぁ』とも思いました。今まで飲んだことのない種類の日本冬虫夏草を飲みました。

 

この度、『痛みはどうですか』と矢萩さんに尋ねられビックリしました。『そういえば痛くない!』いつの間にか治ってました。今年の夏は釣りにはまって、ハゼやウナギなどをよく釣りました」

 

2021年12月10日のお話より

 

 「みんな元気にしております。母用オリジナル栄養ゼリーとオリジナル栄養羊羹は継続中です」

 

2022年2月20日のお話より

 

 

【あとがき】

病気になったとき、本人や家族がかかえる不安と動揺ははかり知れません。できることなら静かな気持ちでより良い治療を選択し、原因をつきとめ、生活改善にも取り組んでほしい。そのためには、同じ病気になった人はどのような医療を受け、どのような経緯を辿るのかをよく知ることが前提となるはずです。そのような思いから、自らの経験が役立つのならと貴重な情報を寄せてくださった方々です。実名とポートレート(ご自身の写真)、尚且つ実物の検査データや画像を添えて公開して下さった方、苗字を除き名前(実名)だけの方、また仮名の方など、体験者の意向を尊重しております。

 

特定の治療を推奨したり、特定の治療を否定するものではございません。 

体験談の虚偽記載は一切ございません。